粉瘤が顔にたくさんできた時とは?

スポンサーリンク

ここでは、「粉瘤が顔にたくさんできた時」
についてお話します。

 

粉瘤が顔にたくさん出来るのは、
やっぱり出来やすい体質だと諦めるしかないの?

 

粉瘤は自然治癒が難しいため、
手術での治療を必要とするのですが、

 

顔に出来た粉瘤の場合には、
傷跡の事を考えると躊躇しますよね。

 

でも、放置すればするほど大きくなっていくし、
大きくなればなるほど手術の時の
傷跡も大きくなってしまいます。

 

そこで今回は、粉瘤が顔にたくさん
出来る時の対処法
などについてまとめてみました。

 

粉瘤が顔にたくさん出来るけど、
どうすれば良いの?

 

粉瘤は、手術で根治を目指すしか
ないのですが、顔に出来た場合には
ちょっと悩みますよね。

 

1個だけならまだしもたくさん顔に
出来た時には、女性なら
特にかなり悩みますよね。

 

しかし、悩んで放置すればするほど
大きくなってしまうので、

 

粉瘤の大きさが小さいうちに
手術で取り去るのが一番なのです。

 

たくさん出来た時には、
何度も何度も手術を繰り返すことになるので、

 

正直なところ傷跡の心配も
付きまとってくるのですが、
放置するのはあまり良くありません。

 

最近では手術後の傷跡が小さくて済む
「くり抜き法」での手術をメインで

 

行っている病院も多いですし、
どうしても傷跡を目立たなくしたいのであれば、

 

形成外科や美容外科で
手術を行うのもひとつの手段です。

 

くりぬき法で手術を行った場合、
傷跡は約1年後にはさほど
目立たないぐらいにまで落ち着きます。

スポンサーリンク

また、湿潤療法を行うことで
傷跡が目立ちにくくなったりもします。

 

傷跡を恐れて手術を延期するよりも、
少しでも傷跡が目立たないような

 

治療をしてくれる病院を
探して手術を行う方が賢明ですね。

 

手術後の傷跡が少しでも
目立たなくするにはどうすれば良いの?

 

粉瘤が顔にでき、手術で全て取り去った後は
術後の傷跡が気になったりしますよね。

 

顔は特に目立ちやすい場所でもあるので、
少しでも傷跡が
目立たないようにしたいものです。

 

実は傷跡が目立たないようにするためには、
傷がくっついた後の日々の
スキンケアも重要なんですね。

 

スキンケアで保湿をたっぷり行い、
皮膚を柔らかくしたりお肌の

 

ターンオーバーを促すことで、
肌本来の色に戻りやすくなったりするのです。

 

その他にも、傷跡の凹凸が少しずつ
平らになってくるのを
助けてくれたりもします。

 

ですから傷がくっついた後は
毎日のスキンケアを念入りに
行うことをオススメします。

 

また、紫外線や摩擦などを
避けることも大切です。

 

紫外線や摩擦は正常なお肌にとっても
ダメージを受けやすいものですので、
もちろん傷のあるお肌にも良くありません。

 

特に顔はデリケートですので、
優しく扱うようにしたいものですね。

 

このように、粉瘤がたくさん顔に
出来たからといって、手術を
延期することはあまり良くありません。

 

まずはしっかりと治療を行い、
その後で傷跡が少しでも目立たなくなるように
たっぷりと保湿するように心がけましょう。

 

また、粉瘤が出来やすい体質の人は
脂っこい食事を控えたり洗顔を

 

こまめに行うなど、清潔な肌を
意識してみるのも良いかもしれませんね。

スポンサーリンク