粉瘤手術は何科でするの?

スポンサーリンク

ここでは、「粉瘤手術は何科でするのか」
についてお話します。

 

粉瘤の手術って何科でするの?

 

皮膚に出来たニキビに似た
しこりのようなものは、粉瘤の
可能性が高い傾向にあります。

 

では、粉瘤が出来た時には
何科をを受診すれば良いのでしょう?

 

今回は、粉瘤が出来た時に
受診する病院についてまとめてみました。

 

粉瘤が出来た時、何科を受診すれば良いの?

 

粉瘤は皮膚に出来るものですので、
皮膚科を受診する人も少なくありません。

 

皮膚に出来たしこりは粉瘤だけに
限らないため、まずは皮膚科で

 

粉瘤なのかどうかを
見極めてもらうことが大切です。

 

皮膚科で粉瘤との診断が下りたら、
いよいよ粉瘤の治療へと進んでいきます。

 

粉瘤は基本的に自然治癒が難しいので、
外科的処置(手術)での
治療を行うのが一般的です。

 

「皮膚科で手術?」

 

と思うかもしれませんが、
粉瘤の手術自体は局所麻酔で行われるので、

 

手術するからといって
入院が必要になるわけではありません。

 

ですので皮膚科でも十分、
手術での治療が行えるのです。

 

ただ、粉瘤が顔に出来ている場合など、
少しでもキレイな手術を希望する人は、

 

形成外科や美容外科などを
受診してみるのもひとつの手段です。

 

しかし、形成外科や美容外科などは
保険診療ではなく自由診療で治療を
行っていることも考えられるため、

 

治療にかかる費用は割高になることも
念頭に入れておくと良いですね。

スポンサーリンク

粉瘤の手術ってどんなことをするの?

 

粉瘤で病院を受診したら手術での治療を
勧められた時には、ちょっと
びっくりする人もいますよね。

 

手術って言葉は、それぐらい
日常生活に馴染みのない言葉なんです。

 

では、実際に粉瘤の手術って
どんなことをするのでしょう?

 

粉瘤とは、皮膚の下に袋状の膿疱と
呼ばれるものができ、その中に皮脂や

 

老廃物がどんどん
蓄積してしまうものなんですね。

 

ですので、袋状の中身だけを取り除いても、
再び膿疱の中に皮脂や
老廃物が蓄積してしまうのです。

 

そのため粉瘤を完治させるには、
手術で膿疱そのものを
取り除く必要があるのです。

 

手術自体はとても簡単な手術ですので、
皮膚科でも十分行えますので、

 

まずは皮膚科で粉瘤かどうか
見てもらうことが先決ですね。

 

その後で、そのまま皮膚科で手術をするか、
もしくは形成外科や美容外科で
手術を行うかを決めれば良いのです。

 

このように、粉瘤が出来て手術での
治療を行う場合、皮膚科もしくは
形成外科や美容外科で手術を行うことができます。

 

目立たない場所であれば普通の
皮膚科でも十分ですが、女性の人で顔に
粉瘤が出来た場合には、

 

少しでも傷跡を目立たなくさせるためにも、
形成外科や美容外科を受診する人もいるようです。

 

ただ、形成外科や美容外科は自由診療で
治療を行っている可能性が高いため、
それなりに治療費が割高になってしまいます。

 

その辺を手術前に
確認しておくと良いかもしれませんね。

スポンサーリンク